大口 進也(インダストリアルデザイナー)
Shinya Oguchi (Industrial designer)

1984年生まれ。2007年大阪芸術大学プロダクトデザインコース卒業。日本デジタル研究所入社後、レノボジャパンを経て、David Lewis Designers(デンマーク、コペンハーゲン)でインダストリアルデザイナーとしてBang & OlufsenやLG電子のデザインを行う。2016年9月より東京にて自身のデザインオフィスを開設。Red Dot Design Award Best of the Bestやif Design Awardなど国内外で受賞多数。

SHINYA OGUCHI

出展作品

U / Chair

背もたれ、座面、サポート材と、連続したUの字型のパーツによってできたイス。自分でイスをデザインすることは一つの目標であった。今回初めて自分でデザインするにあたり、構造的に新しく、その構造がそのままそのイスの個性となるようなイスを作ろう考えた。今回、スケッチはそこそこに、自分の手でモックアップを作りながら考えて形状を探っていくことにした。いくつもの小さなモックアップを作りながら、構造を考えて試行錯誤していった。そして行き着いたのがUの字の構造体を連続させるというアイデア。背もたれと座面のサポート材をUの字型の構造体として木の棒でつなぎ、メインのパーツとした。この形状に合わせるように座面も上面から見てUの字型にした。前脚は座面の法線方向に垂直になるように伸ばした。下から上へ広がる後脚とあいまって、力強い表現の脚となった。シンプルながら力強いアイコニックなイスができた。

U is a chair that consists of distinctive U shaped 3 parts, a backrest, a seat and a support part.

It is one of my goal to make my own chair. Then this time it has an opportunity to make and introduce the chair for the well-known design event in Milan, 2018. The goal was set that the chair should have a unique structure and it will be a character of the chair. First of all, made a lot of mock-ups to find out the new structure and shape instead of drawings and CAD modelings. In the end, it came up with the idea of making U shaped structures. It connects with the backrest and support structure thought the rear wood leg. The structure becomes the main component. Aside from this, the seat coincide with this unique U shaped structure. The front leg extends from the curved seat bottom with normal direction. The legs had a strong impression with rear legs which has opposite direction. The U chair became very simple but iconic chair.

U / Chair
SaloneSatellite 2018 / Milan, Italy
2018
Prototype
Material : White Ash
Finish : Oil finish

LAYER / Side Table

二層構造の薄いサイドテーブル。小さい面積で多くのものを収納できます。そして内側の板を回転させることで収納面積を拡張できる。ステンレスのパイプは構造体であるとともに、回転軸でもあります。さらに視覚的にもアクセントになるようにヘアライン仕上げにしました。狭い空間でも最大限利用できるサイドテーブルができました。

Layer is a two layers perforated side table made of 1.6mm thickness steel. People can optimize the space thanks to the two layers system even in tiny spaces. And also the inner layer can rotate to expand the storage space. The stainless pipe is not only a structure but also an axis of the inner layer. It is a hair line finish to emphasize the materiality from an aesthetic viewpoint. As a result, Layer can use any spaces.

LAYER / Side Table
Tokyo Design Week 2016
2016
Prototype

Frame / Shelf

棚板を格子状のフレームに差し込んで使う自由度の高い棚。
ユーザーが自由に棚板を組み替えられるシステムの棚があったらいのではないかと考えた。モックアップを作成していろいろ検討した結果、格子上の構造体に棚板を挟んで固定する方法に行き着いた。この構造によって、棚板を上下左右へ自由に移動できるようになった。棚板はアシンメトリー形状になっていて、表裏ともに使え、ユーザーが自由に配置を変えることができる。壁に立てかけるタイプの大きな棚と、壁に直接取り付けるタイプの小さな棚を製作した。

Frame is a versatile shelf that the shelf boards are inserted into the grid frames.
What if shelves can rearrange the position of the shelf board without any barriers, it would be nice.
To achieve this, after making a lot of mock-ups, the structure was completely separate the frame from the shelf board. Thanks to this structure, the shelf board can put at any positions. The shelf board has asymmetry shape that can use both sides in order to adjust users needs. It has 2 type of shelf, first, leaning against the wall type, bigger one and wall mount type, smaller one.

Frame / Shelf
SaloneSatellite 2018 / Milan, Italy
2018
Prototype
Material : White Ash, Plywood
Finish : Oil finish, Paint