平井 政俊 (建築家・一級建築士)
Masatoshi Hirai (architect)

1980 京都市生まれ
2003 京都府立大学卒業
2005 筑波大学大学院修了
2005-12 アトリエ・ワン
2009-11 渡英
2012 平井政俊建築設計事務所を東京に設立
2012-14 横浜国立大学大学院 Y-GSA 設計助手
2014-15 横浜国立大学 非常勤講師
2017- 法政大学大学院 兼任教員

平井政俊建築設計事務所 Masatoshi Hirai Architects Atelier

出展作品


Photo by Takumi Ota

猿楽十方楼

猿楽十方楼は店舗、スモールオフィス、仕事場付き多世帯住宅からなる職住混在木造ビル。生活空間の中や近くに自分や他者の仕事場があり、「働く」ことが「生きる」ことの一部として召還されていて、両者に行き来が生じる。
住宅部は多世帯が同居することで余剰が生まれ、仕事場が確保できている。マンションやオフィスビルとはちがって職住が混在し関わり合う新しいタイポロジーを成していて、双方に跨がる人間関係やコミュニケーションが生まれて、都市に生きる新しい姿の共同体を創出する。
都市おいて、十方(あらゆる方向の意。ここでは経済・素材・地形・ヴォイド・風・光・水・火・熱・庭) の環境ネットワークに連関した人の居場所を、日本の山村生まれの巨大な木のマテリアル(CLT)が練り上げ、現れて見える木の構造体が地域と都市をつなぐ役割を可視化しつつ、20世紀に進んだ「生きる」ことの断片化を柔らかく繋ぎ直すことができると考えた。

Sarugaku Plural Directed Tower

Sarugaku Plural Directed Tower is a Timbered Work-residence mix Building, consisting of a shop, a small office and a multi-family house with a workplace. There are workplaces of oneself or others near by the living space. “Working” is summoned as part of “living” then they come and go between them.
In the housing part, surplus spaces are produced as multiple households live together, and it is used for a workplace. Unlike condominiums and office buildings, work-residence mix forms new typology that involve each other, creating relationships and communication that spans both sides, and building a community of new forms of living in the cities.

In the architecture, huge wooden material, CLT (Cross Laminated Timber) manufactured in mountain villages of Japan, shape places for human, linked to the environmental network of ten directions (meaning every direction. In here, economic · material · topography · void · wind · light · water · fire · heat · garden) . Then thought that the exposed timber structure could softly reconnect fragmentation of “living” advanced in the 20th century while visualizing the role of linking the local and the city.